余った上絵の具、捨てちゃうんですか?

お元気ですか?

⭐️
⭐️⭐️⭐️
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
⭐️ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
⭐️ ⭐️ポーセラーツ ⭐️⭐️
⭐️ポーセリンペインティング⭐️
⭐️彩色チャイナペインティング⭐️
⭐️ ⭐️シュールデコール ⭐️⭐️
⭐️ ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
⭐️⭐️⭐️⭐️
⭐️

ポーセリンアート関連の
資格が取れるお教室

⭐️アトリエセランです⭐️


*********


世の中は3連休ですが
我が家の3連休は

パパだけです😅


子供達は今日は
通常授業だし、
夕方からは
娘の学校の舞台鑑賞で
『ライオンキング』
を観に行きます🌟

(*ૣᵕ꒳̮ᵕ ૣ*)゚☻໊೨⋆**೨⋆*✩✧̥⋆*


さて、本日のお話は。

タイトル通りなんですが、
ポーセラーツのレッスンで
インストラクターコースの方は
後半からは上絵の具を使った
様々な課題にトライしますよね。


初めて上絵の具を扱う方も
多いと思いますが、
教えてくださる講師の方も
『ポーセラーツの講師になるまで
上絵の具を扱った事が無い』
先生が多くいらっしゃるのでは
ないでしょうか?


今日は
講師の方も
インストラクターコース
受講中の方も
フリーレッスンで
絵付けを体験してみたい方にも

きっと

⭐️お役に立てる⭐️

内容だと思いますので
是非是非最後まで
お読みくださいませ❤️


(*ૣᵕ꒳̮ᵕ ૣ*)゚☻໊೨⋆**೨⋆*✩✧̥⋆*


上絵の具って、
多分初めて扱った方は

“ちょっとハードルが高い”

って思われるかもしれませんね😅


お教室に入って、
『今日から絵の具の課題です』
って目の前に並べられた
ボトルを見たら

『え?何これ?粉⁉️』


って、びっくりしますよね💧


絵の具の素材については
私もまだまだ勉強不足で
全てのことを
知っている訳ではありません。

色によって
混色出来ないもの、
焼成温度もそれぞれの色に

“適温”

がありますが、
その辺りの話はまた後日
という事で、

今日は作った絵の具が

“大量に余った時”

に捨てちゃうんですか?
の件について、今回は

“E111 水溶性メディウム”
“E183水溶性メディウムソルベント”
“E204水溶性メディウム遅乾性”
で溶いた上絵の具は

“実は保存出来るんですよ”


て言うお話です♡


インストラクターコースの上絵の具
最初の課題は

“色見本を作る”

事ですが、
スポンジングって
案外沢山絵の具を使いますよね。

でも初めてだと
『どのくらい作ればいいの?』
って、
わからないですよねー💧


足りなければ
作り足せば良いけど、
余っちゃう事もしばしば。


『ま、もう使わないから

捨てちゃう。

でもこんなに余っちゃって
なんだか

もったいないなぁ』


って思いません?


でもね。

『余っても取っておけるんだよ』

ってわかったら

嬉しくないですか?(笑笑)


そうなんです。

⭐️取っておけるんですよ⭐️


むしろ私は

敢えて大量に作って

保存しております♡

保存はこんな風に。

一色ずつ
コンテナに入れて
取っておいてます😃

どんな風に保存するのか
ちょっと説明しますねー🙋

保存する絵の具の溶き方

【速乾性の場合】

1.  E111水溶性メディウム
上絵の具を溶く
(練り辛子状)

2. E183水溶性メディウム
ソルベントを適量加える
(上絵の具に対し10%程)

3.  少し緩めのマヨネーズ
状態にする

4.密閉性のあるコンテナに
詰めて保存する

*****

【E204  水溶性メディウム
遅乾性の場合】

1.  上絵の具を水溶性メディウム
遅乾性で溶く
(マヨネーズくらいの固さ)

2.  密閉性のあるコンテナに
入れて保存する



以上です❣️


『えー?なーんだ❣️

そんなに簡単だったのね〜』

って思いました?


そうなんですよー😆👏
びっくりでしょ⁉️


そして私は

ダイソーで買った
3段の透明な
引き出しに入れています。

なんとコレが


⭐️ぴったり20色⭐️


入るんです♡

入れているコンテナは


↑↑↑↑↑

ネイルのグリッターを
入れたりするコンテナ。


簡単ですよね♪


で、ですね。

注意点もあります。
そんなに大変な事ではないけど

やっぱり長期保存すると

“絵の具とオイルが分離”

して、
少し白っぽくなったり
乾いた様な状態に
なったりします。

でも。

『安心してください。

戻せます😄』



オイルが分離してるのは

“オイルが多すぎる時”

なので、使う時に
パレットに出したら
パレットナイフでよく混ぜて
必要なだけ絵の具を足します。


乾いた様な状態なのは
速乾性メディウムで溶いた
上絵の具の時ですが、
パレットに出してから
E111水溶性メディウムを
1滴足してください。
様子を見て
最良の状態になるまで
少しずつメディウムを足します。

保管する時は
E183 水溶性メディウムソルベントは

“少し多め”

の方が乾燥し難くなります。


どちらのメディウムも
水溶性なので

お水が混じると

乾燥します。


そこだけ要注意❣️


あとはご自分で
わかりやすい方法で
保管してください。

遅乾性メディウムって

なんの時に使うの?


って思いましたか?


スポンジングの時には
とーっても扱いやすいですよ。

ただ、
ポーセラーツの課題で
ステンシル技法を使う
課題の時には
速乾性メディウムの方が
向いています。

後からステンシルシートを
剥がすときに
絵の具が乾いてないと
難しいし、
スクラッチもしますよね。


なので遅乾性メディウムは

白磁全体に

ムラなくスポンジングする

時におススメです❤️


ということで、
皆様のポーセラーツや
絵付けの課題に
少しでもこのお話が
お役に立てれば
幸いです✨✨✨


ではまた🙋



0コメント

  • 1000 / 1000